クリニック紹介 Gallery

院内紹介

当院は、スリッパに履き替えることなくスムーズに中までお入りいただけます。入り口には少々段差がございますので、車椅子でご来院の際にはスタッフがスロープを設置し、お手伝いさせていただきます。お気軽にお越しくださいませ。

ご覧になりたい写真をクリックしていただきますと説明とともに大きく表示されます。

ビル入口
2F クリニック入口
受付
待合室
診察室1
診察室2
超音波検査室
リハビリ室
検査室
レントゲン操作室
レントゲン室
トイレ

ビル入口

ビル入口

コスモアネックスの2階になります。エレベーターでお上りください。

2F クリニック入口

2F クリニック入口

エレベーターを降りるとすぐクリニックです。

受付

受付

スタッフが明るい声でごあいさつさせていただき、いつでも笑顔でお出迎えさせていただきます。
不安なこと、わからないことなどお気軽にお聞きください。

待合室

待合室

診察室1

診察室1

診察室2

診察室2

超音波検査室

超音波検査室

最新の機種を用いて、心臓を始めとする各種超音波検査を行います。
詳細は「各種超音波検査」の項目をご覧ください。

リハビリ室

リハビリ室

検査室

検査室

レントゲン操作室

レントゲン操作室

レントゲン室

レントゲン室

トイレ

トイレ

検査および検査機器紹介

当院では患者様に最新でより適切な検査と治療をお受けいただくために、最新の高度医療機器、迅速機器、各種検査を導入しております。検査のくわしい内容については「各種検査について」をご覧ください。

ご覧になりたい写真をクリックしていただきますと説明とともに大きく表示されます。

AED(自動体外式除細動器)

AED(自動体外式除細動器)

玄関に完備しており、緊急時に院内外問わずに使用することが可能です。

2相式除細動器

2相式除細動器(デフィブリレータ)

基本的には院内における上室性や心室性の不整脈の治療を行う際に使用します。

ベッドサイドモニタ①

ベッドサイドモニタ①

検査や処置をする際に血圧、脈拍、酸素飽和度、心電図をモニターするための装置です。

ベッドサイドモニタ②

ベッドサイドモニタ②

心臓リハビリテーションの際に、同時に複数名の心電図、心拍数や酸素飽和度をモニターできる装置を導入しております。

免疫蛍光分析装置

免疫蛍光分析装置

糖尿病におけるHbA1c、炎症反応を表すCRP、コレステロールなどの脂質を迅速に測定します。

トリアージテストメーター

トリアージテストメーター

心不全マーカーのNT-proBNP、心筋梗塞マーカーのMB、Mb、TnI、血栓の存在を示唆するD-ダイマーを計測します。

吸入器

吸入器

呼吸がしんどくなられた喘息の患者様に吸入をして頂くときに使用いたします。

臨床化学分析装置

臨床化学分析装置

肝機能、腎機能、膵臓機能、脂質、電解質、尿酸などを迅速に測定します。

血液ガス分析装置

血液ガス分析装置

呼吸困難や6分間歩行検査時に血液中の酸素濃度など各種ガス分圧を迅速に測定したり、血糖、電解質、乳酸などを迅速に測定します。

血液凝固分析装置

血液凝固分析装置

ワーファリン(抗凝固薬)使用中の患者様におけるプロトロンビン時間を測定し、PT-INRを迅速に測定します。

携帯型心電計イベントレコーダー

携帯型心電計イベントレコーダー

ホルター心電図は24時間という制約があり、その間に症状や異常が出現しなければ確認できませんが、本検査機器は、1週間程度貸出することにより、動悸等の症状出現時に簡単に不整脈の出現を記録、確認することが可能です。

血糖測定器

血糖測定器

糖尿病の患者様の血糖をその場で即座に測定するための機器です。

携帯型12誘導心電計

携帯型12誘導心電計

手首・足首・胸部に合計10個の電極をつけて心臓の電気信号を見る検査です。
不整脈・心肥大・心筋梗塞・心筋症・肺血栓塞栓症などの有無を確認します。
在宅診療や訪問看護の際に携帯し使用いたします。検査時間は5分程度です。

酸素飽和度モニタ

酸素飽和度モニタ

画像のように装着して頂き、酸素飽和度(SpO2)/脈拍数/低呼吸などを1日モニターします。睡眠時無呼吸のスクリーニング、安静時/運動時/睡眠時の低酸素血症や呼吸苦の原因検索などが可能です。軽量/コンパクトで56gしかありません。

リスト式パルスオキシメーター(6分間歩行検査)

リスト式パルスオキシメーター(6分間歩行検査)

6分間の歩行距離を測定する運動負荷試験です。歩行中の息切れ/呼吸困難の程度/酸素濃度/心拍数/血圧変動をモニタリングします。在宅酸素療法の導入検討、心不全患者における医療介入の効果判定、心血管イベントの予測に用います。

パルスオキシメーター

パルスオキシメーター

指を入れるだけで電源がONとなり、酸素飽和度(SpO2)/脈拍数をモニターできます。呼吸数の多い方、息の苦しい方、顔色の悪い方、発熱の患者様などで測定いたします。

超小型防水ホルター心電計

超小型防水ホルター心電計

24時間の日常生活中の心電図を記録し、どのように変化するか、動悸/めまい/胸痛/呼吸苦などの症状出現時と照らし合わせ、安静時に得られない情報を得ます。入浴中/後の異常も検出可能な超小型の防水型を採用しております。

呼気中一酸化炭素濃度測定器

呼気中一酸化炭素濃度測定器

禁煙指導を徹底しており、禁煙治療を積極的に行っております。喫煙の客観的指標となる呼気中の一酸化炭素濃度を測定します。動脈硬化の原因で、心筋梗塞/脳梗塞を引き起こし、酸素の200倍以上血液に溶け込み、酸素の運搬を妨害し、持久力や作業効率を低下させます。検査時間は1分程度です。

リアルタイム3次元経食道心エコープローブ

リアルタイム3次元経食道心エコープローブ

通常の経胸壁心エコー図検査では詳細な観察ができにくい身体の背部にある左心房/左心耳/大動脈/大動脈弁/僧帽弁/先天性心疾患について詳細に観察することが可能です。胃カメラのように食道内に挿入し、心臓を間近に詳細に観察します。検査前6時間および検査後約2時間は絶飲食です。鎮静下で行い、血圧/酸素飽和度/心電図をモニターします。検査時間は30-45分程度です。

携帯用睡眠時無呼吸検査

携帯用睡眠時無呼吸検査

突然死/心血管イベントの原因として注目される睡眠時無呼吸のチェックがご自宅で簡便に行えます。当院で説明やDVDを見て頂きますが、装着が不安な場合は業者の方によるお手伝いも可能ですいびき/呼吸停止を指摘された方は検査を受けられることをお勧めいたします。軽量/コンパクトで僅か80gです。

超音波骨量測定器

超音波骨量測定器

被爆することなく気軽に骨密度を計測できます。骨粗鬆症は加齢ともに増加し、転倒/ちょっとした衝撃で骨折し、寝たきりになる可能性があります。50歳以上の方は一度検査を受けられることをお勧めします。検査時間は10秒程度です。

一酸化窒素ガス分析測定器

一酸化窒素ガス分析測定器

気管支喘息診断最新装置を導入しました。早期発見/診断し、適切な治療を受ければ多くはコントロールが可能です。喘息患者様は呼気に多くの一酸化窒素が含まれており、診断に有用とされています。咳のなかなか止まらない方などでも行います。ゲーム感覚で行うことが可能です。検査時間は2分程度です。

肺機能検査測定器

肺機能検査測定器

口に管をくわえ、鼻をクリップで止め、鼻を使わず口で呼吸して頂き、肺機能(肺活量/1秒量など)、肺年齢をみる検査です。喫煙者/肺が悪い/呼吸数が多い/労作時呼吸苦を自覚される方は一度検査を受けられることをお勧めいたします。検査時間は10分~15分程度です。

血圧脈波検査

血圧脈波検査

手足の血圧/心電図/心音図を測定し、血液の流れ(狭窄)/血管の硬さ(動脈硬化の程度)を見て、血管年齢を推定します。高血圧/脂質異常/糖尿病/慢性腎臓病/喫煙は動脈硬化形成/進行に影響し、狭心症/心筋梗塞/脳卒中/末梢動脈疾患発症につながり、早期発見/治療が望まれます。検査時間は10-20分程度です。

自動血圧計

自動血圧計

ご来院していただきました患者様全員にまずお測りいただきます。左右どちらの腕でも測ることが可能となっております。

持続血糖測定器(CGM)

持続血糖測定器(CGM)

糖尿病での血糖測定は頻度が限られています。本検査は制約が大きく、現時点では実費となりますが、心血管イベントの危険性が高い深夜睡眠中の低血糖や1日を通しての血糖変動を正確に把握することが可能です。超小型/防水性で、運動/シャワー/お風呂も可能です。ご希望の方はお気軽にお尋ねください。

内臓脂肪計

内臓脂肪計

メタボリックシンドロームの診断基準の一つである腹囲の測定と内臓脂肪面積を同時に測定できる装置です。

体組成計

体組成計

サルコペニア(筋肉量低下、脂肪増加)、フレイル(虚弱)な高齢者や適正な体型を把握するために、体重、BMI、体脂肪率はもとより、内臓脂肪、筋肉量、基礎代謝量、筋質(筋肉の質)、推定骨量なども計測できる特殊な検査機器です。

水素水サーバー

水素水サーバー

活性酸素は身体を酸化させ、様々な病気や老化を引き起こす原因と考えられています。抗酸化作用を持つ水素が活性酸素と結びつくことによって無害な水に変化させます。報告としては、アンチエイジング、美肌効果、デトックス効果、エネルギー代謝促進効果、脂肪燃焼促進効果、疲労回復、糖尿病・動脈硬化・アレルギー性疾患・免疫機能・メタボリックシンドローム・認知症などに効果があるとされています。

レントゲン装置

レントゲン室

最新のレントゲン装置を導入しました。各種レントゲン検査を行います。

デジタルレントゲン画像サーバ

デジタルレントゲン画像サーバ

従来のフィルムでX線撮影を行うより照射被爆量を70~90%減少します。

血球計数器

血球計数器

最新のモデルを導入しました。白血球3分類を含む19項目を全血全自動で迅速に院内で検査することが可能です。

心電計①

心電計①

18誘導という心臓を取り囲むような広い誘導にわたって見ることができる最新機種を移転後よりもう一台導入し、運動負荷や心臓リハビリテーションにもさらに利用できる体制を取っております。

心電計②

心電計②

18誘導という心臓を取り囲むような広い誘導にわたって見ることができる最新機種を移転後よりもう一台導入し、運動負荷や心臓リハビリテーションにもさらに利用できる体制を取っております。

エルゴメータ

エルゴメータ

運動負荷や心臓リハビリテーションに利用できる上位モデルを2台導入しております。

心肺運動負荷装置

心肺運動負荷装置

心臓リハビリテーションの際に行うCPX(心肺運動負荷試験)に利用する最新式の機器を導入しております。

地域医療連携室

当院で行っております全身の超音波検査や負荷検査をはじめ、未病や予防を考慮した、全国でも取り扱いの少ないがんリスク検査心臓リハビリテーション・呼吸リハビリテーション医療機関様の患者様が受けられる体制を構築致しました。地域医療連携室を通じてお申し込み、お問い合わせ下さいませ。患者様のご紹介に関しましても同様に承っております。
クリニックや医院様からのご紹介患者様は検査・治療・安定後に速やかにお戻りいただきます。詳しくは事前医療機関様専用電話番号より地域医療連携室までご連絡のほど何卒よろしくお願いいたします。

なお、申込用紙は下記添付ファイルよりご印刷いただき、下記FAX番号より当院までFAXをお願いいたします。ご予約日時が決まり次第、貴院までFAXにてお返事をさせていただきます。ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡くださいませ。

ご対応時間:木曜日を除く、平日9時〜17時30分、土曜9時〜12時30分

医療機関様専用電話番号:072-637-4976
FAX:072-637-2339

担当:武田

オープン検査のご案内

検査項目・検査日時

超音波検査

検査内容検査可能な曜日所要時間注意事項
心エコー月・木・土
AM
20分前後心エコーは胸部レントゲンと心電図検査を実施した上で検査させていただきます。胸部レントゲンの画像はご持参下さい。心電図検査はエコー前に当院で実施させていただきます。
腹部エコー月・木・土
AM
20分前後検査当日は絶飲食。
下肢静脈エコー月・木・土
AM
60分前後 
下肢動脈エコー月・木・土
AM
60分前後 
頸動脈エコー月・木・土 AM30分前後 
甲状腺エコー月・木・土 AM20分前後 
経食道心エコー木 AM60分前後胸部レントゲンと心電図検査を実施した上で検査させていただきます。胸部レントゲンの画像はご持参下さい。心電図検査はエコー前に当院で実施させていただきます。前日21時以降は絶食、当日は絶飲食。

負荷検査

検査内容検査可能な曜日所要時間注意事項
運動負荷心電図
(エルゴメーター)
木 AM60分前後心エコーを実施の上、運動負荷検査をさせていただきます。
運動負荷心エコー
(エルゴメーター)
木 AM60分前後胸部レントゲンと心電図検査を実施した上で検査させていただきます。胸部レントゲンの画像はご持参下さい。心電図検査はエコー前に当院で実施させていただきます。
薬剤負荷心エコー木 AM60分前後胸部レントゲンと心電図検査を実施した上で検査させていただきます。胸部レントゲンの画像はご持参下さい。心電図検査はエコー前に当院で実施させていただきます。

心電図

検査内容検査可能な曜日所要時間注意事項
ホルター心電図随時15分前後防水型の必要性がある場合は、その旨を診療情報提供書へご記入下さい。
イベントレコーダー随時15分前後 

血管検査

検査内容検査可能な曜日所要時間注意事項
血管内皮機能検査
(FMD)
随時30分前後空腹で実施する検査になります。カフェイン摂取・喫煙を控え来院していただきます。

計測

検査内容検査可能な曜日所要時間注意事項
内臓脂肪計・体組成計随時15分前後 

内視鏡検査

検査内容検査可能な曜日所要時間注意事項
胃カメラ検査木 AM40分前後前日21時以降は絶食、当日は絶飲食。

リハビリ

検査内容検査可能な曜日所要時間注意事項
心臓リハビリテーション水・木 PM60分前後当院への受診が必要です。(月)PMの診療枠で来院していただき、その上でリハビリの可否・リハビリ計画が決定します。

検査予約方法

予約までの流れ

  1. 1.当院の地域医療連携室へ電話連絡。

    ご対応時間:木曜日を除く、平日9時〜17時30分、土曜9時〜12時30分

    医療機関様専用電話番号:
    072-637-4976
    (担当:武田)

    ※検査項目による最短の検査日をお伝えさせていただきます。

    矢印
  2. 2.診療依頼書診療情報提供書 を当院へFAX送付。

    FAX:072-637-2339

    矢印
  3. 3.当院から 検査予約票・検査説明用紙・同意書 をFAXにて返信。

    ※FAXをいただいてから、約30分程度でお返事させていただきます。

    矢印
  4. 4.患者さまへ当院からの 検査予約票・検査説明用紙・同意書
    貴院より 診療情報提供書(原本)・検査データ・画像データ
    をお渡しして下さい。

    ※画像データは、フイルム・CD-Rいずれでも対応させていただきます。